坐骨神経痛でお悩みのあなたへ

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、臀部から太腿裏、膝裏、ふくらはぎ、足部にかけて痛みや痺れが出る症状です。
中には、太腿の側面や前面に痛みや痺れを感じる場合もあります。

そもそも、坐骨神経痛は、症状名であり病名ではありません!
脊柱管狭窄症から坐骨神経痛が発症する場合もありますし、ヘルニアから坐骨神経痛が発症する
こともあります。また、それらの診断名がない方でも坐骨神経痛を発症することがあります。

坐骨神経とは

坐骨神経は、仙骨から出る太い神経で、太腿から足裏まで枝分かれしながら続く神経です。
上記の痛みが出やすい場所に、ちょうど坐骨神経が走行していることがわかります。
*黄色が全体の神経で、青色が坐骨神経です。

坐骨神経痛は、これらの走行の中で、部分的もしくは全体的に坐骨神経を圧迫・伸長している症状なのです。

坐骨神経痛の原因

整形外科で「脊柱管狭窄症です」もしくは「椎間板ヘルニアです」と診断された方の中で、坐骨神経痛を感じておられる場合、「脊柱管狭窄症だから」「椎間板ヘルニアだから」坐骨神経痛が出ていると考えてしまいます。

しかし、本当に、脊柱(背骨)の問題で坐骨神経痛が出ている方は、多くありません。
*全体の2割以下とも言われます。
実際は、上の画像にある坐骨神経の走行の途中で筋肉が硬く圧迫してしまっていることで起こる場合が多いのです。

ここでも、痛みや痺れのある場所と、圧迫している場所が異なることが多くあります。
原因となる硬くなった筋肉を見つける作業がとても大切な過程になるのです。

坐骨神経痛の改善方法

人それぞれの生活習慣によって、硬くなりがちな筋肉は異なります。

座位姿勢が多い方は、お尻の筋肉(臀筋)が固まりがちな上、腹部が弱化しやすくなります。
立位姿勢の多い方は、前傾になりやすい場合、臀筋、太腿裏(ハムストリングス)、ふくらはぎ(下腿)が硬くなりやすくなります。
そのほか、足裏の筋肉(足底筋膜)の緊張から、全ての姿勢が崩れて、坐骨神経痛を発症することもあります。

押圧して、痛みを感じたら、その部分の筋肉が硬いということです。

硬い筋肉を和らげて、本来の正しい動かし方にしてあげることで、坐骨神経痛は改善していきます。