肩こりに悩むあなたへ

肩こりの症状

首筋から肩にかけて、また後頭部から背中にかけて、筋肉が張った感じやこわばった状態があります。デスクワークなど同じ姿勢、運動不足、精神的なストレス、冷えなどから肩こりの症状が出やすくなります。
しかし、腰痛や膝痛のように「立てない」「歩けない」などの生活上の支障がないため、我慢してしまったり、揉みほぐしや湿布などのその場しのぎで対処しまうことが多い症状でもあります。

実は放っておくと怖い肩こり

肩周辺には、頭(脳)に繋がる重要な器官(動脈、静脈、リンパ管、神経など)が集まっています。肩周辺の筋肉が硬くなることで、これらの器官を圧迫してしまうのです。
肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気を伴う方も多くいらっしゃいます。また、胸郭出口症候群や五十肩症状に繋がるケースもあります。
また、肩こりは、顔のたるみやむくみ、くすみ・シワにも繋がるので、美容的にも大敵です。

肩周辺の仕組み

肩は、頭の重さと腕の重さを支える役目をしています。
肩甲骨と鎖骨とが連動して動くことで肩が動きます。また、腕は、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨とが繋がっている)にぶら下がった形で存在しています。
*画像はわかりやすくするため靭帯を表示していませんが、肩甲骨と鎖骨と上腕骨は靭帯で繋がっています。

つまり、肩甲骨・鎖骨・上腕骨周辺の筋肉が、全て肩こりに関係する筋肉なのです。

*筋肉は深層・中間層・表層とミルフィーユの様に重なっています。肩こりに関係する筋肉は、表面の筋肉でもこれだけの数がありますが、深層にはさらに多くの筋肉が存在しています。

肩こりの原因

姿勢が崩れた状態が長く続くと、肩周辺の筋膜が硬くなり、緊張することで痛みやコリを感じます。硬くなった筋肉は、動脈・静脈・リンパ管・神経叢などを圧迫し、より重症な症状も引き起こします。
円背(猫背)姿勢、巻き肩と言われる姿勢が、肩こりに多くみられる姿勢です。
どうしてこの姿勢になるのか?ということが重要です。
頭が前に突出した形(頚部突出)は、背骨の歪みです。背骨は、頭から腰(骨盤)まで繋がっているため、胸椎の動きの悪さや、骨盤の歪みから起こりやすくなります。
巻き肩は、胸側の筋肉(胸筋群や鎖骨下筋)が硬くなり、前へ前へと肩甲骨を引っ張るために起こります。
また腕の緊張やこわばりが、猫背・巻き肩を引き起こすこともあります。
この様にみていくと、いわゆる首筋から背中にかけて(僧帽筋)や背骨と肩甲骨の間(菱形筋)をほぐすだけでは、肩こりが解決しないことがわかります。

肩こりの解消方法

肩こりを改善・予防するには、筋肉を柔らかくすることです。筋肉を柔らかくするには、動かすことが大切です。
そのため、世間では肩こり改善・予防の様々な運動がたくさん紹介されています。
しかし、凝り固まった筋肉は、容易には動いてはくれません。まずは筋肉を柔らかくほぐしてから、正しい肩甲骨の動かし方をすることが重要になります。
*実は、肩甲骨を正しく使えていない場合が、大変多いのです。
また、ストレスから緊張しやすい方の場合は、呼吸が浅く、「肩に力が入りやすい」状態になっています。
「肩の力を抜いて」と言われても、どうしたらいいのかわからない方が多くいらっしゃるでしょう。
まずは、リラックスした状態の身体を体感することが大切です。