五十肩に悩むあなたへ

40代、50代で痛みが起きやすいので、四十肩・五十肩と呼ばれますが、正式には、「肩関節周囲炎」といわれる症状です。
文字通り、肩関節に痛みが起き、腕があがりにくい、後ろに手を回せない等の症状が起きます。
「棚の上の物が取れない」「服の着脱時、洗髪時に痛みがある」「咄嗟に手を伸ばした時に激痛が走る」などの訴えがあります。
中には、夜間痛といって「夜痛みで目が覚める」症状になる方もいらっしゃいます。

肩関節周囲炎には、痛みの段階がある

肩関節周囲炎は、よく「突然なって、突然治る」と言われます。
ある日、ふと気づくと、今まで何ともなかった動きで、肩や腕が痛む。じっとしていても痛くて、夜も痛みで眠れない(急性期)。
やがて、じっとしていれば痛くないけれど、特定の動きで激痛が走る様になる(慢性期)。
そして、痛みはないけれど一定以上挙がらない、可動域が狭くなる時期がやってきます。(回復期)

【急性期】

とにかく痛みを和らげることが優先になります。
この時期、無理に動かすと痛みが悪化しますが、整形外科では「動かしなさい」と指導されるので、無理して動かしてしまう方や、痛くて動かせないのでどうにもできないと途方に暮れる方が多くいらっしゃいます。

【慢性期】

痛みを回避しながらも動かしていかないといけない時期です。
この時期に動かすことをしておかないと、やがて来る回復期に、「痛くはないけれど全く可動域が広がらない」「今までの様には腕が挙がらない」ということになります。

【回復期】

ここまで来ると、とにかく固まってしまった肩を和らげて動かしていかなければなりませんが、どうしても回復が遅く、不安になってしまいがち。

気を付けないといけないのは、【突然治った様に見えるが、治っていない肩関節周囲炎】です。
当院にお越しの方で、「以前は左肩が五十肩になりましたが、今回利き腕の右肩が痛みます」「前回は放って置いたら治りましたが、今回はどうにも痛くて治る気がしません」という方が多くいらっしゃいます。

また、左肩→右肩→再び左肩というふうに繰り返してしまっている方、「放っておけば治ると聞いていたのに、かれこれ10年近く痛みが思う様に肩を動かすことができません」という方もいらっしゃるのです。

肩関節周囲炎の治療も、ポイントは肩甲骨・鎖骨・上腕骨

肩こりと同じく、肩関節周囲炎の治療も、肩甲骨と鎖骨、上腕骨の動きを正しく出してあげることが重要なポイントになります。
そもそも、肩甲骨が動かせていない、肩こりが起きやすい方が肩関節周囲炎にもなってしまう傾向があります。
一旦治った様に見えて、再び肩関節周囲炎を起こしてしまうのも、根本的に肩甲骨の使い方がうまくいっていないままだからです。
*肩こりページもぜひご覧ください。

肩甲骨と鎖骨、上腕骨の動きは、それぞれが連動しています。そして骨を動かすのは角度によって異なる筋肉です。これを肩甲上腕リズムと呼びます。

肩関節周囲炎の多くの患者様が、必要以上に棘上筋が緊張したままで、肩をすくめた様にして腕を挙げようとします。
そして三角筋に強い痛みがあり、それ以上腕を持ち上げられない状態です。

肩甲骨・鎖骨・上腕骨を正しく動かすために、それぞれに関わる筋肉の、緊張して硬くなっている部分をほぐし、動かなくなっている部分を動かす様にしてあげることが重要になります。

次の症状は病院へ

ただし、肩関節周囲炎に近い状態でも、肩腱板断裂や石灰性腱炎を起こしている場合、治療内容
と回復の目安が異なります。

見分け方としては
【肩腱板断裂】
腕をあげようにも全く力が入らない状態、ジョリジョリと音がする状態

【石灰性腱炎】
夜間の激痛で眠れない、疼痛がひどい状態が長く続く

いずれにしても、レントゲンで判明しますので、肩関節周囲炎を疑う場合、まず最初は整形外科でレントゲンを撮られることをお勧めしています。

レントゲンに異常がない場合は、少しでも早く症状を緩和するため、また肩甲上腕リズムを整え、2度と再発させないためにも、整体を受けることをお勧めします。